お気軽にご参加下さい

11月ホール イベント
お寒い中お越し頂き誠にありがとうございました!
「会館探索ツアー」「ガラポン抽選会」
皆様お楽しみ頂けました!
​次回のホールイベントは1月を予定しております。

喪中の際のお正月の過ごし方

一般的に「忌中」は四十九日の法要まで、「喪中」はほぼ一周忌までと考えられています。故人が亡くなって最初の正月は喪中として過ごすことになります。

年賀状は出さずに「喪中はがき」と呼ばれる年賀状を欠礼する知らせを11月中旬から12月上旬に届くよう送ります。

年始に人に会った際の挨拶も「おめでとうございます」ではなく「昨年はお世話になりました」「今年もよろしくお願いします」などの挨拶をするようにします。

お正月飾りもしめ縄や鏡餅、門松といったものも控えます。(神道の習慣ですので仏式は関係ないといった考えもありますが一般的には行わないのが通例です)

おせち料理も祝鯛やエビ、紅白のカマボコなどは避け普段の物であれば差支えないかと思います。

​年越しそばは「祝い事」ではないので召し上がっても差支えないです。

初詣に関しては神社は「忌中」の間はお参り、鳥居をくぐる事も出来ません。喪中(13ヶ月)も神社によっては参拝を禁じている神社もありますので控えた方がいいでしょう。

一方、お寺へ「感謝の気持ち」でお参り頂く事は構いません。祝い事としての「初詣」ではなく

​「感謝の気持ちでお参り頂く事はできます。